= Link =
下舘建設の OnLine Solution
solutionソリューションとは、一般的には「回答」や「解決すること」など の意味です。「ソリューションを提供する」は言い換えると「解決策を提供する」と同じことですし、「その問題に対するソリューション」は、「その問題に対する解決策」ということになります。下舘建設では長年の各種工事を行ってきた経験などから、近年増加している災害やその他の問題の解決策などの情報提供を行ってまいります。
 ■ゲリラ豪雨の対策

 ■土砂崩れ対策

 ■避難の判断
 このところ異常気象により大気が不安定になることが多く、過去にない大雨・洪水・土砂災害、局地的集中豪雨(ゲリラ豪雨)が発生し、過去に発生したことのない場所でも内水氾濫、洪水、がけ崩れ、土石流の危険性が高まっています。とくに最近は各地で記録的豪雨が頻発し、極めて短時間に住宅浸水や土砂災害が発生し深刻な被害をもたらしています。
例えば、家の裏が急傾斜地であれば、土砂災害(がけ崩れ、土石流、地すべり)の恐れがあります。直ちに安全な場所への避難が必要です。ただ、すでに夜間であったり、濁流や豪雨などで避難が困難な場合は無理せず、斜面から離れた2階の部屋などに避難します。また、川の流域に家があれば、浸水や流失の危険性がありますので直ちに安全な避難場所へ避難します。市区町村の防災無線、広報車、エリアメール、テレビ、ラジオなどで広報される避難情報にも注意が必要です。(特別警報が出されると市町村から何らかの避難情報が出されます)
◎雨が小降りになった後に洪水、土砂災害が発生する場合もあります。警報などが解除されるまで厳重な警戒が必要です。
◎特別警報が出された周辺地域でも警戒が必要です。

◎雨が長く降り続いている場合、上流や周辺で集中豪雨が発生している場合、それほど強い雨でなくても洪水や土砂災害への注意と警戒が必要です。
 ■地震発生そのとき  地震の揺れを感じた場合、あるいは緊急地震速報を見聞きした場合は、あわてずにまずは身の安全を確保してください。
 そして、落ち着いてテレビやラジオ、携帯電話やスマートフォンのワンセグやネット通信機能など、様々な手段を使って正確な情報の把握に努めましょう。

家の中では・・・
頭を保護し、丈夫な机の下など安全な場所に隠れましょう。
家具や吊り下げ物から離れましょう。
揺れがおさまるまでは危険ですので、あわてて外へ飛び出さないようにしましょう。
火事が発生した場合には可能ならば火の始末をし、火元から離れている場合は無理して火元に近づかないようにしましょう。
屋外(街)では・・・
ブロック塀や家屋や建物そのものの倒壊に注意しましょう。
かばんなどで頭を保護し、看板や割れたガラスの落下から身を守り、広場などの安全な場所へ避難しましょう。
 ■津波発生そのとき  「津波が来る前には、必ず引き潮が来る」というのはよく知られた言い伝えですが、実は事実の半分しか言い当てていません。実際には、津波は引き潮で始まるものと、いきなり襲ってくるものの二通りがあるためです。
ちなみに、東日本大震災では大津波警報の後、20分前後は海面に変化がなく、それから突然、港のすぐ沖の海面が大きく盛り上がって津波が襲ってきたと言われています。津波は陸地に近づくと速度は落ちますが、後ろからくる波が追いつくことで、どんどん波高が高くなります。
陸地に達した津波の時速は36km程度で、それでもオリンピックの短距離走選手に匹敵する速さなので、走っても逃げ切れません。
さらに津波は一度やって来て終わりとは限りません。第一波のあとには第二波、第三波が押し寄せ、その数は10回以上を数えることもあります。第二波や第三波などの後続波の方が、大きな波になることもあるので要注意です。
 ■避難そのとき  避難する時のポイントは?

 事前に
「非常用持ち出し袋」を用意しておきましょう。バッグはリュックが最適です。
中身は
水、非常食、懐中電灯、乾電池、ロウソク、ライター、薬、防寒具、タオル、軍手、ガムテープなどが主でしょう。
赤ちゃんやお年寄りがいる場合は、それらに合わせて、粉ミルクやオムツなどの必要な物を揃えてください。
貴重品を持って逃げる人もいますが、避難する時は一刻を争い、荷物は最小限にすべきなので、金庫など安全に管理できる場所に入れておいた方が無難です。
   
   
   



 
下舘建設株式会社
〒028-0041
岩手県久慈市長内町24-162

TEL:0194-52-1717
FAX:0194-52-1727

Mail

Map

 
 
Copyright c2016 bySHIMODATE Co,LTD,All RightsReserved